1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧キットを作ろう ギャン編第2回

(^-^)/どうもyakoです
かなり冷え込む季節ですが
みなさん
窓全開で塗装ですか
私は常に全開です!!
夜に全開で塗装するとマジで寒いですww
風邪には注意しましょう

では
第2回ということで
今回は頭部から胴体を弄っていきたいと思います
製作プランは前回立てたのでそれに沿った形で
あとは現物合わせでいつのもの様に調整していきます
ギャン頭部
はじめはどうなるかと思いましたが
触ってみると案外簡単に出来ました
あんまり難しく考えない方がいいですね~~
基本的に上下に分断後中身をくり抜きます
首関節は関節技で胴体と接続させます
モノアイレールはプラサポの組み合わせで行っています
中心の軸はポリ製のものにしています
プラはポリと組み合わせるのが一番問題が起きないと考えています
下側は土台をどうするか?といった程度ですが
上側は下との接続をどうするかでここで一番の問題でしたが
単純に受け用のパーツをパテごと埋め込むことで解決
あとハメの完了です

んでもってお次は胴体
前回のジムと比べて今回のギャンは簡単です
いろいろと触りやすいですし
形状にも特に問題は感じられませんでした
ギャン胴体
分割位置は腰と肩の3箇所のみです
腰はどうしようかと思ったのですが
作業のしやすさを考えると切った方が楽だったので切りました
肩はハの字加工をした後に腕との接続用にポリパーツを埋め込み
首は一段下げた位置に首の受け用の関節技を組み込む台をつけました
さらにここに下半身との接続用の受けを取り付けています
あとは特に形状変更はないです
腰は股関節のパーツを接着面で1mm幅増し後
前後に6mm幅増しして大型化
丸い半円状のパーツは削って市販パーツに交換しています
この股関節パーツの腰との接続は元々の接続箇所を利用して
プラ棒をブッ刺して接続させています

大きな変更としては肩のハの字と股関節の大型化ですが
これだけで随分とシュッとしたバランスのとれた形状になったのではないと思いますが
いかがでしょうか??
といったところで今回はここまでです

次回(11/30)は足を予定しています
そんな大きな改修はしないで済むとは思います
目指すのはかっこよく立てるということですね~
股関節周りのクリアランスと足首の可動範囲の確保が課題といったところでしょうか
頑張っていきたいと思います
それではまた次回(^.^/)))



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。